セッション詳細

SESSION DETAIL

XR空間における「共感覚的な質感」はどう作られるべきか

講演情報

会場 Gallery Next-1
講演形式 45分セッション
講演日時 2019年12月4日(水) 16:00〜16:45
資料公開 TBA
動画公開 TBA
写真撮影可否 TBA
SNS投稿可否 TBA

講演概要

XR技術やネットワークインフラの進化に伴い、創造できる空間やコンテンツが急速に広がっています。しかし、単純に空間的なデザインを施すだけでは、感情を揺さぶり、長期的に体験(利用)し続けるものを作り出すことはできません。XR空間では、ビジュアル・音・触覚を含めた”共感覚的な”質感をどのように設計するかが、体験全体の質を左右します。これまでエンハンスが実践してきた体験設計の実際をお話します。

講演者詳細

  • 水口 哲也

    水口 哲也

    Enhance, CEO

    エンハンス CEO / シナスタジアラボ主宰

    2014年、共感覚とXRテクノロジーの融合を目指すスタートアップ、エンハンス(Enhance)社を設立。「Rez Infinite」(2016)、「テトリス エフェクト」(2018)、音楽を光と振動で全身に拡張する「シナスタジア・スーツ」(2016)、共感覚体験装置「シナスタジアX1 – 2.44」(2019)など、新たな体験の拡張を目指している。

    エッジ・オブ(EDGEof)共同創業者兼CCO、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(Keio Media Design)特任教授を兼任。

    エンハンスWeb: enhance-experience.com