講演詳細

Session Detail

2020世界の映画祭から見るVRストーリーテリング作品の傾向

講演情報

資料公開予定 予定なし
スクリーンショット撮影可否
SNS投稿可否

講演概要

VRストーリーテリングの進化が止まらない。 今年の世界の映画祭注目のVR作品を振り返る。さらに第77回ヴェネツィア映画祭VR部門ノミネート作品BeatのVR表現について監督自ら解説する。

講演者詳細

  • 待場 勝利

    待場 勝利

    Supership株式会社 VR戦略企画室VRコンテンツプロデューサー

    Supership株式会社VR戦略企画室所属。東京藝術大学非常勤講師。MoguraVR にて「VR映画ガイド」連載中。 アメリカで映画製作を学ぶ。TVディレクター、20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパンで日本語版プロデューサー、サムスン電子ジャパンではGear VRを担当。2016年から数々のVRプロジェクトをプロデュースし、国内外のVR映画作品を世界中の人たちに紹介するため奔走。日本国内でVR映画を体験する場所としてオンラインポータルサービスやロケーションベースサービスのローンチにも携わる。

  • 伊東ケイスケ

    伊東ケイスケ

    3DCG & VRアーティスト

    VRアニメーション監督。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒。 メーカーのグラフィックデザイナーを経て、2012年よりフリーランスのCGアーティストに転身。現在はVRを用いたインタラクティブなストーリーテリングに挑戦している。2020年に『Beat』が第77回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門にノミネート。2019年に『Feather』が第76回ヴェネツィア国際映画祭にて、VR部門では日本人初のビエンナーレカレッジセレクションとしてプレミア上映。ほか、ベルリン国際映画祭、釜山国際映画祭、SIGGRAPHなど世界各国で作品上映されている。