講演詳細

Session Detail

人間の感情と感覚を揺さぶるXR体験とは何か、を考える(対談)

講演情報

資料公開予定 予定なし
スクリーンショット撮影可否
SNS投稿可否

講演概要

エンハンスでは、体験の共感覚的な拡張を目指して、研究開発を続けています。その領域は、さらに広がりつつあります。わたしたちが、何を大切にして、どのようにシナスタジア(共感覚)体験を実現しようとしているか、また、どんな領域に拡張しようとしているかを、代表の水口哲也と、VPである山田秀人と、クリエイティブ・ディレクターの石原孝士で議論します。そして、わたしたちがこれまで生み出してきたプロダクト、アート、エンターテイメントを例に、わたしたちが考えるこれからのXR体験の方向性やビジョンを共有しつつ、触覚や身体性のデザイン、演出、イメージ作り、行動設計、グローバル設計、空間設計、仕組み作りなど、体験設計の実際とコツを可能な限りシェアします。

講演者詳細

  • 水口 哲也

    水口 哲也

    Founder & CEO, Enhance Experience Inc.

    エンハンス代表、シナスタジアラボ主宰。シナスタジア(共感覚)体験の拡張を目指し創作を続けている。代表作に、映像と音と触覚を融合させたビデオゲーム作品「Rez」(2001)、「Lumines」(2004)、「Child of Eden」(2010)、RezのVR拡張版である「Rez Infinite」(2016)、テトリスのVR拡張版「Tetris Effect」(2018)、音楽を光と振動で全身に拡張する「シナスタジア・スーツ」(2016)、共感覚体験装置「シナスタジア X1 – 2.44」(2019)など多数。 2002年文化庁メディア芸術祭特別賞(Rez)、2002年Ars Electronicaインタラクティブアート部門Honorary Mention(Rez)、2006年米国プロデューサー協会(PGA)「Digital 50」に選出。2017年米国The Game Award最優秀VR賞受賞(Rez Infinite)。文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査主査、日本賞審査員、芸術選奨選考審査員などを歴任。XRコンソーシアム理事、Media Ambition Tokyo(MAT)理事。エッジ・オブ共同創業者兼CCO。
    エンハンスWeb:enhance-experience.com